工房、店

木の器

注文製作品、家具

住まいの設計

 

体験工作

家具教室

森の苗木

 

yahoo shop

ちびもくらいふ

杢の里

住まいの設計

 

サクラシマーヌックの住まいは、「安心と心地よさ」を設計の基本としております。その上でお客様により満足度の高い家を建ててあげたいと思い設計しております。

sakurashima-nookの住まい

「天然色」の素材

上の写真の通り、床、壁、天井に貼られた杉の無垢板。肌触りが柔らかく温かみのある素材です。

サクラシマーヌックの住まいは、杉、欅、楢などの豊富な天然木を使い、「天然色」に溢れた、 彩りあるぬくもりの家を皆様にご提案しております。 やさしい色彩と心地よい肌触りの天然木の住まいを、より多くのお客様にお届けしたいと思っております。

 

sakurashima-nookの住まい約10帖のウォークインクローゼット。ここにも無垢板を。

 

住まいごとに設計するのは「家」そのものだけではありません。建具や家具もそれぞれの住まいに合わせ設計いたします。また、より作り込むときは、浴室、キッチンなどもユニット設備は使わずに設計いたします。

sakurashima-nookの住まい

sakurashima-nookの住まい

 

 

「和の住まい」

二間続きの座敷、田の字型の広間など最近設計することは少なくなりましたが、「和」の住まいが減っているわけではありません。お客様のご要望に合わせ、和風住宅も手掛けます。また古民家の修繕もいたします。

 

sakurashima-nookの住まい

本屋と車庫をつなぐ外廊下。玄関先のベンチ、表札も製作。

sakurashima-nookの住まい

昭和の住まいの改修。二間続きの和室と台所をつなぎ、約30帖のキッチンとリビングに。庭に面する場所には磨りガラスの建具を組み入れました。

 

 

「日本家屋の再生」

江戸時代、明治時代から受け継がれる古民家や、大正から昭和にかけての住まいや蔵に新たに手を加えることで、 この先何世代にも受け継いでもらえるよう「日本家屋の再生」に取り組んでおります。すすけた欅の馬梁や漆塗りの差し、十二尺の 通し柱のみで建てられた蔵。現在の住まいでは見られない大きな梁や柱が、住み人の暮らしを支えてきました。解体するには早すぎる。 あと百年二百年と世代を越え、また主を代えても住み続ける魅力のある家がまだまだあります。住まいの新築、増改築に加え、この「日本家屋の再生」により、強さと美しさを備えた数多くの住まいを残していきたいと考えています。

sakurashima-nookの住まいsakurashima-nookの住まい

上越市大島区の古民家を長野県に移築、再生。